難しい顧客/同僚への接し方

¥17,999
コースコード: HDC101-WS
学期: Spring 曜日: Sat 時間: 10:00-16:30 時間数: 6 セッション数: 1 開始日: 2024/4/13 最終日: 2024/4/13 言語: English 場所: In-Person (Tokyo) 英語レベル: High Intermediate

空席あり|申込受付中

コース詳細

人と接することは時には上手くいき、時にはそうはいかない常に興味深い経験をさせてくれるものです。このコースは、私たちが人生の多くを費やして接し、ストレスの原因ともなっている2つのグループである「顧客」と「同僚」とのやりとりにまつわる難しさに注目します。個人の成り立ちを見ることによって、どのような行動パターンが生成され、またどの「ボタン」がその行動のきっかけとなるかを理解する態勢を整えます。反応を分析することによって、頻繁に起こりうる困難な状況を予期し、先手を打ち、対応して解決に取り組みます。研究結果と実生活での例を用いて、難しい顧客や同僚と上手く接することができるように包括的な理解を受講者に促すことを目的とします。

教材

No required textbook

講師

Paul Kates

講師について

30年以上にわたり、様々な専門分野での経験を持ち、生涯教育と企業研修の分野を専門にリーダーシップを発揮してきた。カナダのトロント出身で、ヨーク大学の名門シューリック・ビジネススクールでMBAを取得後、ビジネス業界でキャリアをスタートさせた。初期のキャリアでは、アーネスト&ヤングの起業家向けサービス部門で重要職を務め、会計、監査など幅広い業界でコンサルティングスキルを磨いた。

その後のキャリアでは、コンシューマー・プロダクツやホスピタリティ部門の大手企業での管理職に昇進し、フォーチュン500社の一員として活躍した。マーケティング、販売、顧客サービス、および商品政策のイニシアティブを推進する上で重要な役割を果たし、自身の多才さと先見の明のあるビジネス手法を示し高い評価を得た。

2006年、日本の東京に拠点を移し、アカデミックおよび企業トレーニングの分野で新たな歩みを始めた。テンプル大学ジャパンキャンパス(TUJ)の生涯教育および企業内教育プログラムのディレクターとして、これまでの経験を生かし、周囲をインスパイアする存在であり、学びと気づきを与えている。幅広いビジネスコースやワークショップを担当し、現代のダイナミックなビジネス環境で応用できる有益な知識とスキルを受講生に提供している。

教育者にとどまらず、メンターであり革新者でもあり、日本および世界中のプロフェッショナルな人々の成長と企業における教育の未来を形作ることに尽力している。