実践英語ライティング

¥51,999
コースコード: GEW101
学期: Fall, Spring, Summer 曜日: Sat 時間: 9:00-10:50 時間数: 20 セッション数: 10 開始日: 2022/1/29 最終日: 2022/4/2 言語: English 場所: Tokyo 受講条件: このコースに興味を持つ方は、申し込み前に文章サンプルとしてエッセイ(300ワード程度でコースに関連性があるテーマ)の提出が必要です。エッセイ受領後、生涯教育オフィスより受講資格の承認結果についてご連絡いたします。 修了証書プログラム<選択コース>: Executive Office Administration

空席あり

コース詳細

アカデミックやビジネスという分野の枠を越えて、英語のライティング力により磨きをかけることを目的とする総合的なライティング講座です。日常的に文書を扱い、複雑なタスクを抱えて、その壁を打破したいと考える全ての方が受講対象です。集中的なライティング演習を通じて、あらゆる場面で対応できるスキルの習得を目指します。受講生は、積極的に継続的なライティング演習に臨む姿勢が求められます。言語学習の中で最も習得が難しく、時間を要するといわれるライティグをマスターしましょう。

学習目的

1. 英作文における8種類のライティング形式を学ぶ。
2. それぞれの形式の使い分けを理解する。
3. それぞれの形式の組み合わせ方法を学ぶ。

受講対象となる方

8~16種類ある英文ライティングの様々な形式を学習したい方。
英語レベルの目安:中級以上

教材

None. Handouts will be provided. (Recommended) Q: Skills for Success 5: Reading and Writing [ペーパーバック]

講師

Marni Cueno

講師について

フィリピン大学ロスバイオス校で分子生物学とバイオテクノロジー研究における修士号(理学)を取得、名古屋市立大学大学院医学研究科で博士課程を修了している。さらに、アリゾナ州立大学ではTESOL、テンプル大学アンブラーキャンパスではデータ分析のサーティフィケートをそれぞれ取得している。現在、日本大学歯学部の研究員として、 論文審査のある国際的な専門誌に複数の原稿を執筆している。ビルゲイツ財団(米国)、ウェルカム・トラスト(イギリス)、アジア酸化ストレス学会、シンガポール免疫ネットワークより数々の国際的な賞や奨学金を受けた経験を持つ。余暇を利用して、インターナショナルスクールで高校生にコンピューターによる画像解析、ネットワーク解析、構造解析を教えている。同様に、様々な大学で学部生や大学院生にも英語関連(原稿の執筆と編集、ビジネスにおけるコレポンの書き方、口頭発表とポスターセッション、TOEFL対策など)の指導を行っている。