デザイン思考と革新(5週間のコース)

¥24,999
コースコード: PSY201
学期: Summer 曜日: Wed 時間: 19:10-21:00 時間数: 10 セッション数: 5 言語: English 場所: Online 受講条件: 受講の際には、TOEFL 500点以上が必要となります。心理学の予備学習は不要ですが、リーディングが課題として出されます。

申込受付準備中
ウィッシュリストに登録

コース詳細

デザイン思考は、思い込みを疑い、問題を再定義し、斬新な解決策を生み出すことによって、チームが顧客をより深く理解するためのプロセスです。デザイン思考は、イノベーションを5つのフェーズ(共感、明確化、アイデア、プロトタイプ、検証)のプロセスとして捉え、人間の価値観、ニーズ、感情、動機づけと深く結びついています。

商品やサービスを提供している企業の多くが、商業的な成功を収めることは難しいと考えています。多くの場合、これは顧客ニーズを理解していないことに起因しています。人はなぜそのような選択をするのか、私たちは知っているのでしょうか。ターゲット顧客の真のニーズに応える商品やサービスを作るにはどうすればいいのでしょうか。顧客の真のニーズと顧客が欲しいと言っているものとの違いを知るにはどうしたらいいのでしょうか?

この5週間のコースでは人間の欲求と動機の本質を学び、商品やサービスの開発に活かすことができます。人を観察する方法、共感する方法、イノベーションにつながる創造性の持ち方、分岐・変換・検証・選別のプロセスなどを取り上げ、ケーススタディを通じて掘り下げます。授業では、ターゲットとする顧客層に対して、架空の商品やサービスをデザインする小規模なプロジェクトを行い、受講生がプロジェクトで学んだことを実践する機会が設けられます。

学習目的

1. デザイン思考のプロセスを十分に理解することができる。
2. カスタマーエクスペリエンスに影響を与える様々な要因を理解し、認識することができる。
3. 製品やサービスの質を高めるデザインプロセスの手法を考案できる。

受講対象となる方

マーケティング担当者、製品開発者、ビジネス開発者、顧客サービス担当者、プロダクトおよびプロジェクトマネージャー。
英語レベルの目安:上級

教材

No required textbook

講師

Mete Yazici

講師について

マルチリンガル(日本語、英語、トルコ語)で、多様な文化のバックグラウンドを持ち、日本を生活と仕事の拠点にしている。リーダーシップ・コーチングやトレーニングの専門家に転身する前は、ファイナンス、ITソフトウェア、法律情報サービス等の分野で22年以上におよびシニアリーダーを務めた。現在、企業やリーダー向けの持続的な成長支援に使命感をもって取り組んでいる。国際コーチ連目(ICF)認定資格プロフェッショナル・サーティファイド・コーチ(PCC)保有者であり、カリフォルニア・サザン大学で心理学修士課程、国際大学(日本)で経営学修士課程、テンプル大学ジャパンキャンパスでNGOマネジメント修了証書プログラムを修了している。さらに、カリフォルニア・サザン大学で心理学博士課程に在籍中。ポジティブ心理学、リーダーシップ開発、デジタルウェルビーイング、セルフリーダーシップ、コーチングに関心を寄せている。