英語検定試験のためのライティング

¥51,999
コースコード: WST101
学期: Fall, Spring 曜日: Tue 時間: 19:10-21:30 時間数: 20 セッション数: 8 開始日: 2022/9/13 最終日: 2022/11/1 場所: Online

空席あり

コース詳細

このコースはTOEFL、IELTS、英検の英語検定試験におけるライティングの点数を上げるために必要な知識と技術の養成を目的としています。基礎の学習から積み上げた確かな英語ライティング「力」を習得し、テストだけでなく、その後の授業や仕事の現場でも活かせるスキルを学びます。英語で行われる授業を通じて、ボキャブラリー、リスニング、スピーキングなどのスキルの向上も実感できるでしょう。

アカデミック・ライティングの基礎を学び、ライティングに必要なボキャブラリーや表現を習得しながら、各テストのライティング・セクションの対策を行います。

授業で取り上げる項目は3つです。
1.アカデミック・ライティングの基礎とスキルアップ(例:文章の書き方、段落の作り方など)
2.英語検定試験の理解と準備(例:各テストの採点方法を学び、書き方を練習する。)
3.ライティングに必要な英語力の向上(例:新しいアカデミックな語彙や動詞の習得

学校やライティングの教科書では、1)結論を最初に書くこと、2)2〜3の理由を提示することが求められることが多いため、「文章構成」がライティングの最も重要な要素であると考えている人が多いようです。また、エッセイや論文を書いたことのある多くの生徒が、英語検定試験のライティング・セクションで良い結果が出ると考えています。しかし、これらは異なるスタイルの文章のため、構成だけではなく、内容や英語表現も重要です。よい文章を書くには、時間と練習が必要です。

学習目的

1.英語検定試験を中心としたライティング能力の向上
2.文章を構成する能力、興味深い内容を展開する能力、英語表現を効果的に活用する能力の向上
3.英語検定試験で求められる文章表現の理解を深める

受講対象となる方

ライティング・セクションのスコアアップを目指す方、アカデミック・ライティングの基礎を学びたい方、また、テストのライティングスキルについて教えている講師の方

教材

No required textbook

講師

Thomas Meyer

講師について

トーマス・マイヤーは、教育学者であり研究者でもある。ケンブリッジ大学で教育研究方法論の修士号を、オックスフォード大学で教育社会学の博士号を取得。現在、テンプル大学ジャパンキャンパスをはじめとする東京近郊の大学で、アカデミック英語、IELTSやTOEFLなどの試験対策、研究方法論などの講座を担当している。日本在住も長く、熱心な自転車愛好家である。