TOEFL対策コース-iBT80-100

¥49,999
コースコード: TOEFL-80
学期: Fall, Spring, Summer 曜日: Sat 時間: 13:30-15:50 時間数: 20 セッション数: 8 開始日: 2023/1/28 最終日: 2023/3/25 場所: Online

空席あり

コース詳細

このコースは、80-100点を目指す方のためのコースです。一般的には、TUJやテンプル大学などの有名州立大学に出願したいと考えている学習者で、英語検定試験のスコアがiBT 61-80、TOEFL ITP 500-550、IELTS 5.0-6.0、英検準1級以上の方が対象となります。多くの方が独学でiBTの勉強をしており、書籍を通して正解を理解することはできても、実際にiBTで高得点を獲得するために必要なアカデミックな英語力を身につけることはできません。そのため、対策プログラムをお勧めします。iBTの授業は英語で行われるため、学習者は授業を受けることでアカデミックな英語に触れ、リスニング力を向上させることができます。単に答えを与えるだけでなく、学習者がより高いスコアを獲得するために必要なスキルを身につけることを目的としています。

TOEFL iBT対策コースでは、各セクションで以下のことを学習します。

- リーディング(文脈からの語彙、代名詞と参照語、文の簡略化、文章への挿入、事実情報、否定的事実、推論、修辞的目的、要約情報、概略表)。
- リスニング(主旨、詳細、機能、スタンス、構成、関係性)
- スピーキング
o Independentスピーキング(概要、構成、一貫性)
o Omtegratedスピーキング(概要、構成、一貫性、ノートテイキング)
- ライティング
o Integratedライティング(概要、ノートテイキング、下書き、構成)
o Independentライティング(概要、下書き、構成)
o 構成と文章表現(正確で効果的な文法と表現方法のレッスン)

TOEFL iBTテストとは?

TOEFL iBT(Internet-Based TOEFL)は、英語圏の大学や大学院に入学する際に必要とされる英語検定試験です。iBTテストは、大学の授業や学生生活を題材に、アカデミックな環境で必要とされる実践的な英語力(リーディング、リスニング、スピーキング、ライティング)を検査します。TOEFL iBTは、日本を含む150以上の国で使用されています(CIEE Japan, 2020)。TUJでもiBTのスコアを受け付けています。

一般的に、コミュニティカレッジや2年制大学では45点(ITPの450点に相当)以上、TUJを含む4年制大学では61~80点(ITPの500~550点に相当)以上のスコアが必要とされています。有名な難関大学やほとんどの大学院では、100点(ITPの600点に相当)以上のスコアが求められます。

iBT試験は、4つのセクションで構成されています。
1. リーディング(54-72分):30-40問
2. リスニング(41-57分):28-39問
3. スピーキング(17分):4問
4. ライティング(50分):2問

学習目的

1. TOEFL iBT試験で希望するスコアを取るための準備をする
2. 各セクションの問題の形式や本質を理解し、慣れる
3. 英語の構造に慣れ、リーディング、ライティング、スピーキング、リスニングを向上させる。
4. テスト受験のスキルの高める。
5. アウトプット技能(スピーキング、ライティング)を向上する
6. 基礎学力の習得

受講対象となる方

TOEFL iBTで80-100点以上のスコア獲得を目指す方、または体系的な環境でアカデミックな英語力を向上させたい方

教材

Longman Preparation Course for the TOEFL Test : iBT (3E) Student Book with MyLab Access and MP3 Audio and Answer Key

講師

Thomas Meyer

講師について

トーマス・マイヤーは、教育学者であり研究者でもある。ケンブリッジ大学で教育研究方法論の修士号を、オックスフォード大学で教育社会学の博士号を取得。現在、テンプル大学ジャパンキャンパスをはじめとする東京近郊の大学で、アカデミック英語、IELTSやTOEFLなどの試験対策、研究方法論などの講座を担当している。日本在住も長く、熱心な自転車愛好家である。