Language Course Design and Assessment

¥85,905.00
コースコード: TEJL-4
言語習得のためのコース・デザインは、年齢・能力別の学習プロセスを十分に理解したうえで始める必要があります。このコースでは、実践的かつ包括的な概観を段階的に示し、堅実で合理的、且つ効果的な言語習得プログラムの開発と実施を可能にするアクティビティを紹介していきます。また、授業カリキュラムの開発と保守に関して、理論的で実践的な知識の習得を目指します。特に、6つの主要プロセス(分析、到達目標、試験、教材、指導、評価)に着目し、考察していきます。

毎週土曜午後の授業は、Zoomを使用して行われます。
各セッションでは、リフレクション、ディスカッション、演習の準備を重点的に行います。リーディング課題は週単位で出されます。授業のディスカッション準備に加えて、受講生には学期終盤にパワーポイントまたはキーノートによるプレゼンテーションを行うことが求められます。

(テンプル大学ジャパンキャンパスのコンピューターラボを利用し、リモートで参加することができます。)
1. 効果的な語学プログラムの開発について、実践的かつ理論的に理解する。
2. 語学プログラムのカリキュラムデザインおよび管理に関連する知識と経験を習得する。
3. 語学プログラムの開発における6つの主要プロセス(分析、到達目標、試験、教材、指導、評価)を理解する。
さまざまな分野に従事する英語教育に関心のある方。言語習得における指導や学習に関する議論に興味がある方。
The Elements of Language Curriculum
Yujiro Shimogori
ハーバード教育学大学院で修士号(発達心理学)、サンディエゴ州立大学で教育学(バイリンガル教育)における博士号を取得している。ロサンゼルス、サンディエゴ、東京を拠点に、初等教育、中等教育、高等教育のあらゆる教育レベルで20年の経験を持つ、教育者であり研究者。日米両国での経験を生かし、他国文化も理解するバイリンガル。研究分野は、バイカルチュラルアイデンティティ形成、バイリンガリズム、文化的に関連づけられた教授法、第二言語習得。趣味は、散歩、野球観戦、柔道、剣道。