上地流空手 (入門)

¥45,999
コースコード: KAR101
曜日: Sat 時間: 10:00-11:50 時間数: 20 セッション数: 10 言語: English 場所: Tokyo

お申込受付終了しました

コース詳細

このコースは、空手道における沖縄三大流派の一つ、上地流の紹介を目的にしています。各クラスの冒頭には、短い講義(20~30分間)や実践的な実演を行います。講義では沖縄空手の歴史や、空手の起源に関する詳しい説明をはじめ、空手の健康面での利点や、サンチンの精神面における重要性などを学習します。受講生はノンコンタクト(寸止め)空手も体験し、上地流の基本的な型や、空手の実践的な応用方法なども学ぶことができます。空手をアカデミックなテーマとして学べるだけでなく、実体験できる点も本コースの魅力です。空手の未経験者や、以前に他の武術を経験したことがあり、沖縄空手を学びたい方を対象としています。受講に際して、簡単な運動ができるゆったりとしたサイズの服を着てくるか、持参するようにしてください。

学習目的

1. 上地流空手の基本的な技術を習得する。
2. 上地流と他の沖縄空手を取り巻く歴史的・文化的背景を理解する。
3. 心身の健康を増進するために、武術のトレーニングがどのように活用できるかを理解する。

受講対象となる方

空手に興味のある初心者の方(年齢は問いません)。個々の受講生に合わせて運動のペースを調整しますので、年配の方にも安心してご参加いただけます。
英語レベルの目安:中上級以上

教材

No required textbook

講師

Robert Garone

講師について

日本国内の金融サービス業界で25年以上の経験を誇る。Citibankのクレジットアナリストとしてキャリアを開始した後に、UBSやDresdner Kleinwort Bensonにて株式調査を担当。その後、2005年から2007年にかけてFrontpoint Partners (Morgan Stanleyの買収したヘッジファンド)の日本担当者を務める。コルゲート大学で学士号(アジア研究)を、バージニア大学でMBAおよび修士号(アジア研究)を取得。現在はOptimal Fund Managementで株式アナリストとして活動する一方、国内企業向けに金融セミナーを定期的に開催している。そのほか、2013年にはサイマル・インターナショナルにて日英翻訳の指導も担当した。金融業界での経歴に加えて、高校時代にテコンドーと剛柔流空手に出会い、武術に関心を持つ。2014年に武術のトレーニング を再開し、黒帯を持つ有段者(上地流2段)となり、沖縄上地流空手の公認指導員となった。空手とは護身術を兼ねた芸術であり、精神と身体を健やかに保つ方法であると考えている。