プロが教える写真入門:日本文化で世界を魅了しよう(5週間のコース)

¥22,999
コースコード: JCP101
学期: Spring 曜日: Fri 時間: 19:10-21:00 時間数: 10 セッション数: 5 言語: English 場所: In-Person (Tokyo) 受講条件: 基本的なコンピューター操作ができる。カメラ(どのような種類でも可)を持参すること。 英語レベル: High Intermediate, Advanced

申込受付準備中
ウィッシュリストに登録

コース詳細

写真愛好家の作品をさらに一段上のレベルへ引き上げるコースです。日本文化をテーマに、プロの写真家の指導を受けながら観察力を鋭く磨くことができます。写真を通して、ストーリーの伝え方、編集作業、より幅広いオーディエンスにイメージを伝える手法などを考察していきます。独自のスタイルや署名を制作することで、イメージの見せ方をコントロールしやすくなります。趣味の幅を広げることだけでなく、キャリアを形成できる写真を撮影できることを目指します。

学習目的

1. 毎週の授業を通じて、カメラや周辺機器の技術的な部分をしっかりと理解し、簡単な写真撮影の課題に取り組み、ストーリー性のある画像をクラスメイトと共有する。

2. 一眼レフカメラのマニュアル設定の使用方法を学習し、各設定により最終的な画像作品に与える影響について理解を得る。

受講対象となる方

写真撮影に関心を持つすべての方。さらに、芸術的な要素を取り入れて、撮影技術を次のステップへ向上させたい方。写真愛好家のクラスメイトと撮影技術を高め合いながら、楽しく学習したいと考える方。

英語レベルの目安:中上級以上

教材

No required textbook/Handouts

講師

Karl Doyle

講師について

ロンドン、パリ、マイアミ、ニューヨークに在住し、ファッションや広告、ブランディングの分野でクリエイティブの専門家たちと同じ舞台に立ち、国際的に活躍してきた。専門は写真で、ティエリー・ミュグレーの香水の広告キャンペーンを手がけた経験を持つ。トップレベルのファッションモデルやスタイリスト、アートディレクターと共に世界中を舞台に、時にはモンゴル北部やアイスランドまで旅をして、美術写真の撮影を楽しんできた。アイルランド出身。写真の専門学位を取得している。来日後、日本文化のあらゆる面を記録している。彼のカメラのシャッター音が止む時はない。