日本法入門

¥59,999
コースコード: IJL101
学期: Spring 曜日: Thurs 時間: 19:10-21:00 時間数: 20 セッション数: 10 最終日: 2023/4/6 言語: English 場所: Hybrid, In-Person (Tokyo), Online 注記: 【ハイブリッド形式のコースでは、ご希望に応じてキャンパスでの対面授業またはオンライン(Zoomを使用)による受講を選択いただけます。】 修了証書プログラム<必修コース>: Legal Assistant Studies

申込受付準備中
ウィッシュリストに登録

コース詳細

このコースは、日本の法制度に関する概要から始まり、憲法、民法(主に契約)、民事訴訟、刑法、刑事訴訟、会社法、行政法(いずれも日本の司法試験の出題分野です)といった主要な法律分野を網羅して、日本法の包括的な理解の促進を目指します。日常生活やビジネスに影響を与える法的側面に焦点を当て、学術的よりも実用的なアプローチで授業を行います。講義形式から始まり、段階的に質疑や討議といった対話学習へと移ります。受講生は、授業中の討議への参加意欲や学期後半に提出する小論文の試験(授業を通じて取得した知識量ではなく、法的な思考パターンが重視されます)に基づいて評価されます。会社員、法曹界関係者、日本法に関する実用的な知識の取得に関心のある方に適したコースです。

学習目的

1. Acquisition of legal thinking skills.
2. Basic knowledge of Japanese law.
3. Be able to see law as a daily life tool.

受講対象となる方

Those with educational backgrounds in a law outside of Japan or those who use the law in their daily work and would like to organize or expand their legal knowledge.

教材

No required textbook. Recommended readings Will be announced as required in class.

講師

Mason Hester

講師について

米国の弁護士資格を有し、2017年からテンプル大学ジャパンキャンパスで非常勤講師として教鞭を執る。また、東京を拠点に法律事務所や法学部に教育サービスを提供するコンサルタントとしても活躍している。来日前は、開業弁護士として刑事事件から契約業務まで幅広い案件を扱っていた。
ミシシッピ州立大学で2つの学士号を取得。政治学、哲学、宗教の分野における学部での学びを通じて、自然法と形而上学への強い関心を持つようになった。「感覚のある存在の権利」という普遍的な概念に情熱を注ぐ。授業では、受講生の批判的思考力と本質的な懐疑心を高め、自律性を重視した学習の機会を提供したいと考えている。