はじめてのiOSアプリ開発 - 入門

¥59,999
コースコード: IAD101
学期: Spring 曜日: Sat 時間: 09:00-10:50 時間数: 20 セッション数: 10 言語: English 場所: Hybrid, In-Person (Tokyo), Online 注記: 【ハイブリッド形式のコースでは、ご希望に応じてキャンパスでの対面授業またはオンライン(Zoomを使用)による受講を選択いただけます。】

申込受付準備中
ウィッシュリストに登録

コース詳細

このコースでは、各テーマに沿ってアプリ開発を段階的に学習していきます。
・Swiftを用いて基本的なプログラミングの概念を実装する方法
・SwiftUIで宣言型のユーザーインターフェイスを構築する方法
・アプリのネットワークリソースからデータを使用する方法 (JSON、REST、GraphQL)
・iOSの状態管理のためのデザインパターン
・アプリでAppleデバイスのハードウェアにアクセスする方法
・App Store でアプリをリリースする方法

仕事を探している方には、Swiftとモバイルアプリ開発の基礎を学習し、アプリ開発の分野で転職や就職に役立つコース内容です。アイデアを形にして実現したいと考える方には、自ら開発したアプリをApp Storeでリリースするために必要な基本スキルを身につけ、注意点を理解できるよう指導していきます。

iOS開発の重要性については、様々なニュース・情報サイトで取り上げられています。
・モバイルアプリ業界は、今年4000億米ドル以上の規模になると予測されており、今後も増加傾向にある
・iOS(アップル)は前年比でも特に収益貢献度が高い
・アジア太平洋地域が最も大きな成長を遂げると予想されている
・開発者に求められる上位5つの一般的な役割の一つが、モバイルアプリ開発といわれる
・需要は高いが、供給はまだ少ないことを示している

学習目的

このコースは、講義、プロジェクト課題の採点、ウェブベースのクイズ、講師や他の受講生によるコードの現状確認やデモンストレーションで構成されています。

受講対象となる方

・他のプログラミング言語を使用して、プログラミング経験がある方やプロの開発者の方
・アプリ開発を独学で学習してきた方で、この機会にしっかりと知識とスキルを身につけたい方
・ビジネスマネージャーや社会人の方で、アプリ開発に何が必要かを理解し、基本から学習したい方
・アプリ開発を趣味として、自分のアイデアを実現していきたいと考える方

講師

Ahmed Bakir

講師について

iOS開発者、起業家、教育者としての経歴を持つ。iOS開発に関する本を3冊執筆しており、Amazonでは3位にランクインした「Program the Internet of Things with Swift」などがある。2009年にコンサルティング会社のdevAtelierを立ち上げ、新規事業者からフォーチュン500に番付けされる企業まで幅広いクライアントのモバイルアプリ開発に携わる。ユニクロやKFCなど、大手ブランドのアプリを含め、20以上のアプリ開発のプロジェクトでシニアまたはリード開発者を務めた。2015年には、カリフォルニア大学サンディエゴ校のエクステンションプログラムで、モバイルプログラミングの修了証書プログラムを開発し、授業を担当した。現在は東京を拠点に、大手ラグジュアリーブランドの日本市場向けアプリを統括している。