マネジャー、チームリーダー、自身のためのコーチング・スキル

¥17,999
コースコード: COA101-WS
学期: Fall 曜日: Sat 時間: 10:00-16:30 時間数: 6 セッション数: 1 最終日: 2021/12/4 言語: English 場所: Online 修了証書プログラム<選択コース>: Human Resources Management, Leadership Skills

お申込受付終了しました

コース詳細

部下が自らの可能性を最大限に活用していないと感じたことはありませんか。限られた状況下で、上司として多くのことをやらなければというプレッシャーはありませんか。その壁を打破する鍵は、コーチングにあるかもしれません。 この1日のワークショップでは、プロセス指向や目的志向の異なるアプローチを取り入れたコーチングモデルを通じて、核となる能力水準を基礎から学ぶことができます。それぞれのモデルについて核となる能力水準を解説し、参加者間によるディスカッションが行われます。コーチングを受ける側とその様子をオブザーブする側に分かれて、より多くのコーチングモデルを経験しながら実践トレーニングが行われます。主要テーマとして、一定の水準以下のスタッフを一時解雇しない解決策、離職率を下げるためのコーチング活用法、仕事に影響を及ぼす可能性があるスタッフの私生活の問題を上手にコントロールさせる方法などが取り上げられます。習得したスキルを参加者自身の職場で実践できるように十分なトレーニングを行います。 マネージャー職に就いている方やチームリーダーとして活躍する方だけではなく、コーチングを初めて学ぶすべてのビジネスパーソンに向けたワークショップです。スライドショープレゼンテーションはバイリンガル形式ですが、授業は英語で行われます。

教材

No required textbook

講師

Annette Leonie Karseras

講師について

アネット・カルセラスは、意欲的な新人から地域のリーダーまで、組織のリーダーとチームを育成するコーチ兼トレーナー。CTI(Coach Training Institute)、ICI(Intercultural Communication Institute)、SOL(Society for Organisational Learning)のシステムコーチンググループでトレーニングを受け、現在はICFジャパンとSIETAR(Society for Intercultural Education, Training & Research)のメンバーである。英国国立レスター大学で修士号を取得。個人、職業、組織の変化に焦点を当てる。明日からすぐにでも実践できるスキル、長期的展望を視野に入れ戦略的な洞察力を養う力を指導。英国と日本を拠点とし、これまでに50カ国以上のプロフェッショナルと仕事をしてきた。ラグビーの話題になると、母国語の英語に加えて、日本語とフランス語を使い分ける。