• ホーム
  • アメリカの社会運動(5週間のコース)

アメリカの社会運動(5週間のコース)

¥24,999
コースコード: ASM101
学期: Spring 曜日: Tue 時間: 19:10-21:00 時間数: 10 セッション数: 5 最終日: 2022/3/29 言語: English 場所: Online

申込受付準備中
ウィッシュリストに登録

コース詳細

このコースは、アメリカの社会運動をより深く、より批判的に理解することに焦点を当てた、問題解決型学習コースです。テーマごとに、1)背景となる問題、2)運動の目標、3)使用された戦略と戦術・方法、4)強みと弱み、5)直面した障害、6)持続的な成果、7)まだ達成されていないこと、8)予想される将来の方向性、9)主要な指導者や組織、を取り上げます。授業では基本的な情報を得るための、記事、ビデオ、レポート、組織のウェブサイトが提供されます。クラスメイトと意見を交換し、教材を理解をすることで、主要なテーマにより深く関わることができます。受講者は、毎週の課題を読み、クラスでのディスカッションやグループワークにに積極的に参加し、オープンで根拠のある方法で自分の見解を共有することが求められます。

学習目的

1. Gain a better understanding of the complexity of issues in the US today
2. Understand civic engagement by studying various social movements and social mobilization techniques
3. Develop an understanding of what is being done to address these issues
4. Better understand how American society works.

受講対象となる方

Anyone interested in US society; understanding current issues better; becoming a more active member of society or learning more about how the past is connected to current issues.

教材

No required textbook

講師

Sarajean Rossitto

講師について

東京を拠点に活動するコンサルタントで、JICA、Japan PlatForm、Give2Asia Foundation、Center for Global Partnership、Morgan Stanley、上智大学など、地域社会のニーズに応え、より効果的な市民活動を促進しながら、戦略的な優位性を得ようとする機関に対し、プログラムの調整や能力開発に関するアドバイジングサービスを提供している。国際機関やオリンピックのボランティアを対象に、CSRとSDGs、無意識の偏見と性差別、異文化コミュニケーション、基本的な紛争調停のスキル開発などのトレーニングプログラムを担当。コロンビア大学で社会学の学士号と東アジアの人権を中心とした国際問題の修士号を取得。災害管理、人道的対応管理、紛争調停の専門資格も取得している。